キャッシングヘルプ119番

目的別ローンと消費者金融のローンの違い

ローンには、大まかに分けて二つのものがあります。例えば、ブライダルローンや自動車ローン、他にも学資ローンや住宅ローンがあります。これらは目的別ローンと言われています。ブライダルローンは結婚関連、自動車ローンは自動車関連、学資ローンは教育関連、住宅ローンは不動産関連にのみしか使えないわけです。ですので、目的別ローンと言われています。一方で、消費者金融で利用できるローンは大きく異なります。消費者金融のローンは、基本的に使途が制限されません。どういったものに使っても良いと言われています。もちろん、ギャンブルや浪費などに使うのはいけませんが、そうういったもの以外では生活費に使ってもいいですし、飲食代に使っても良いです。レジャーなどの旅行費用に使ってしまっても、特に問題はありません。消費者金融のローンについては、比較的、気軽に利用できるローンということがよく分かっていただけると思います。使途については、いろいろ目的がある場合は消費者金融がおすすめです。

 

レディースローンって何?

 

レディースローンを聞いたことがある方も多いと思います。レディースローンというものですが、消費者金融業者のサービスの一つになります。しかし、名前のように女性に特化したサービスを行ったものです。大前提として、男性は利用できないローンの形態になりますので、注意しなければいけません。女性のみが使えるローンがレディースローンということになえるのですが、非常に大きな特徴があります。それは、収入がない女性でも使える可能性があるという部分です。収入がない女性ですが、いわゆる専業主婦ということになります。旦那さんの収入が確認できましたら、借り入れができるようになりますので主婦の方に優しいローンになります。また、他の特徴として、レディースローンのスタッフは基本的にすべて女性になります。ですので、気軽に利用できるというメリットもあります。男性相手にお金を借りたりするのは怖いと思っている方もこれで安心できるはずです。

 

キャッシングのリボルビング払いについて

 

お金を借りるということは必ず返済も考えなければいけません。お金を借りた時には、どうやって返済するのかを調べたうえで利用することが肝心です。そこで注目していただきたいのが、リボルビング払いです。キャッシングの返済には、リボルビング払いというものがあります。クレジットカードなどでよく聞く言葉だと思います。実は、そのリボルビング払いは非常に返済がしやすいものになります。実際に毎月同じ金額を払い続けるという形式になります。毎月同じ金額の返済になれば、計画的な返済をする事が出来ます。中には最初に、かなり返済金額がおぽくなるような返済方式もあって、返済を苦労される方もいるのですがリボルビング払いならそういった心配は一切ありません。毎月15,000円の支払いなら、ずっと15,000円の支払いをする事になります。借入れをする前に返済額の予測もしっかりとできますので、リボルビング払いには大きなメリットが存在しているわけです。

 

専業主婦が利用できるカードローン

 

現在では、2010年に制定された総量規制という法律により、専業主婦の借金は大変難しい状況になっています。
総量規制は、借金を年収の3分の1までの金額に規制する法律なので、収入のない専業主婦の場合には借入可能額も自動的にゼロになってしまうのです。
しかし、家計を預かることが多い専業主婦の方が、お金が必要なときにどこからも借りられないというのでは、事態をますます深刻にしてしまう可能性もあります。
そこで、オススメしたいのが『銀行系カードローン』です。

 

実は銀行系の商品は総量規制の対象にはなっていません。
ですから、この銀行系カードローンも総量規制の対象外であり、専業主婦でも従来通り借入申込みが出来るのです。
配偶者の年収をベースに借入審査を行うのですが、配偶者の同意書や収入証明書は必要ないので、ご主人に内緒でお金を借りることも可能なんです。
また、審査もとても早く、即日融資を受けることが出来るので、すぐにお金が必要な場合にも大変便利です。
このような方法を上手に利用すれば、家計のピンチを乗り切ることができると思います。

 

キャッシングを利用する時には、一般的に提携ATMというものを利用することになります。提携ATMは全国各地にあります。コンビニエンスストアにあるようなATMも多くのキャッシング業者で使える提携ATMになります、そこでキャッシングで利用できる提携ATMというものですが、実は注意していただきたいものがあります。そちらを利用して借り入れや返済を行う時には、手数料というものが発生してしまうことがあります。

 

手数料は毎回かかってしまいますので、合わせると大きな金額になるいこともあります。その手数料の金額ですが、10,000円未満の入金や出勤で1回当たり105円としているところが多いです。また。10,000円以上の出金や入金で210円としているところも多いです。以上の手数料の金額を覚えておくことも重要になります。手数料を払いたくない場合は、無人契約機に備わっているATMや店舗に備わっているATMを利用することになります。近くにある方はそちらを利用すると良いでしょう。

続きを読む≫ 2013/08/08 03:33:08

評判の記事